読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識高い系ズボラ

ライフハック、健康情報、オピニオンなどの真面目なネタをふざけた文でお送りします

劣等感を気にせず頑張るための習慣

スポンサーリンク

オススメ記事

 

何年か前に携帯のメモ帳に書いてあった日記を転載。

 

 

 

劣等感を感じても立ち直らなければならない

 

俺がイチローに負けているとかそんな遠い世界でのできごとは、俺の心に大した影響を及ぼさないが、いざ日常の人々が、俺の目の前に負けという事実を運んでくると、俺の中でいつもは寝たきりになってるプライドさんが、あんた元気じゃんと言わんばかりに身を震わせて怒り始めるのです。

劣等感を生むのはプライドか? 
 
頭の悪さとプライドの高さというのは本当に相性が悪く、そんなにプライドが高いなら色んな優劣が明らかになる時に向けて、日頃から精進しろという話ですが、馬鹿なのでそんな見通しを立てることもできず、決定的な敗北の2文字が眼前に現れるまで何も考えずに、食っちゃ寝の生活を続けてしまう。
そんなんじゃ劣等感を感じるのも仕方ない話だ。 
 
そして、そこで初めてどうやったら勝てるのか考え始めるが、開いた差は大きく、何をしていいのかわからないし、分かったとしても開いた差を詰めるためには、大変な労力を伴うことは容易に想像できるし、その方法が本当に正しいのかということまで考えると、それでまた落ち込んだりしちゃうのでした。
 
 
習慣の問題だ。
日常生活を送る中で、よりよい習慣を身につけておけば、もっといい人生を送れるはずだ。
 
幸せについて本気出して考えてみてください。
 
世の中はサバイバルだ。
生物として生まれた以上、平等なんてことはありえない。
理不尽なこともたくさんある。
だって、世界はみんなが快適に暮らすためにあるわけじゃない。
ただそこに在るだけだ。
 
精神も肉体も、運も全てをひっくるめて、生存競争に勝ったやつだけが、生き残り、負けた奴は死んでいく。
実に単純でわかりやすい、この世界の法則。
 
それを受け入れて、幸せになるために、やれることをやっていくだけだ。
 

必要な習慣

そのために俺に必要な習慣は、
 
 
①自制心
朝目が覚めた後に体を起こす自制心。
ソファーにもたれかかったあとに立ち上がる自制心。
アニメが終わった後に、次の行動に移せる自制心。
ネットを見始めた後に、頃合いを見てやめるための自制心。
何か一つの行動を中止して、次の行動に移るためにエネルギーを惜しむな。
面倒くさがるな。 
 
②時間は有限だという意識
 
③素早い行動
 
④例え、一日誰とも会わなくても、平気な強い心(どうやったら手に入るのかはわからん)
 
⑤絶対に一日一回は外に出る
 
⑥運動をしろ
 
⑦④と矛盾するようだが、1日1回は人に会った方がいい
 
⑧早く風呂に入れ
 
⑨情報を収集しろ