意識高い系ズボラ

ライフハック、健康情報、オピニオンなどの真面目なネタをふざけた文でお送りします

これぞ名著?読まなくても素晴らしい教訓が得られる本6選!!

スポンサーリンク

 

意識高い系のズボラ・waNABE(ワナベー)です。

 

この世には、数え切れないほど多くの本が出版されています。

そして当然その中には、読めば素晴らしい教訓が得られる名著と呼ばれる本も存在します。

 

しかし、ぼくたち現代人はみな忙しいため、本を読む時間がなかなか取れません。

 

そこで本エントリーでは、そんな人たちのために、なんと読まなくても役に立つ知識が得られる名著中の名著を紹介したいと思います。

 

そんな都合の良い本が存在するのか?

 

 

あるんです。

 

ポイントは、タイトルで既に結論が出ているということですね。
だからタイトルだけで主旨がわかるんです。
読まなくても。

 

では、早速紹介していきたいと思います。

 

 

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』 

 

なるほど!「すぐやる人」になればいいんですね!!

 

言われてみれば、自己啓発本は「行動力の重要性」を説くものが多いですし、これはもはや普遍的な真理なのでしょう!

確かに、ウジウジしていると結局やらないという結果に終わるし、誰かに先を越されてしまうリスクも大です。

 

すぐやる人になった方がいいのは間違いないですね!

 

書店で見かけたとき、帯に「27万部突破」って書いてありましたし、絶対間違いないですよ!

いやー。読んでないけど、いい教訓が得られました。

ありがとうございました!! 

 

しかし、ここまで単純明快な結論がすでに出ているのに、本文では一体なにが語られているのでしょう?

それはそれで気になりますね!

 

 

『結局、「1%に集中できる人」がすべてを変えられる』

 

いやー。そうなんですよねー。

結局は、そうなっちゃうんですよねー、結局。 

 

確かに、あれもこれもと手をつけてリソースを分散させていたら、結局何も成し遂げられない人になっちゃいますよね、結局。

 

最近は多くの企業が、口を揃えて「選択と集中」って言ってますしね。

だからやっぱり集中した方がいいんですよ。これも普遍の真理ですよ。

 

いやー、いい教訓が得られましたね、今回も。読んでないけど。

 

 

『すぐやる人だけがチャンスを手に入れる』 

 

おお、また「すぐやる人」が出てきました。

いやあ、「すぐやる人」になることのメリットはパないですねぇ。 

 

ん?

でもよく考えてみたら、上で紹介した本に、「すぐやる人がすべてを手に入れる」って書いてあったんだから、当然その「すべて」「チャンス」も含まれますよね。

そう考えたらすごく当たり前のことを言ってるだけじゃないですか。

 

なるほど。

もしかすると、今の我々のレベルからすると、既に必要のない教訓だったかもしれません。

 

いやあ。ここまでで数冊の本のタイトルを読んだだけですが、我々もものすごいスピードで成長してますね。

しかし、あえてチャンスが手に入ることを強調することにも意味はあるかもしれませんね。

チャンスをつかむことは重要ですからね!

 

 『とことん調べる人だけが夢を実現できる』

 

なるほど!とことん調べればいいんですね。

 

確かに、何かを成し遂げるにあたって情報収集が重要なのは間違いないですね。

いまや、ウェブ上の色んな情報にアクセスできますし、図書館なども活用すれば多くの情報が集められそうです。

 

貴重なアドバイスありがとうございました!!夢に向かって頑張ります!

これからも応援、よろしくお願いします^ ^

 

では、失礼します!

 

『大切なことだけやりなさい』 

 

はい!大切なことだけやります!

大切じゃないことはやりません!

これまで同様に大切なことだけやります!

 

『最高のリーダーは何もしない』

 

ぼくは最高のリーダーになりたい。

そのためにぼくができること。

それは「何もしない」ことだ。

なぜそんなことをするかって?

それはぼくにもわからない。

だが、ぼくは何もしない。

これまでも、そして、これからも。

なぜって、それはぼくが最高のリーダーになりたいからさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、6冊の名著でした。

今、ここまでこのエントリーを読み終えたあなたは信じられないぐらい成長していることでしょう。

これらの教訓を胸に、明日からも社会というジャングルをサバイブしていきましょう!

 

waNABE(ワナベー)でした。

 

Facebookページ作成したので、ぜひ「いいね」してくださいね!