ノンストレス渡辺の研究日誌

ライフハック、健康情報、オピニオンなどの真面目なネタをふざけた文でお送りします

「ランドリーマグちゃん」を使えば"洗剤なし"で洗濯ができる

スポンサーリンク

 

f:id:nabeshima-han:20191020110823j:plain

ランドリーマグちゃん」という洗濯用品がめちゃくちゃ良い。

上の写真にある、手のひら大のメッシュ袋の事だ。

これを使えば、

  • 洗剤なしで衣類の洗濯ができる
  • 洗剤の廃水が出ないのでエコ
  • 繰り返し使えて買い物の手間が省ける
  • 洗剤ボトルを置くスペースを省ける

などなど、メリットが盛りだくさん。

 

どうしてランドリーマグちゃんで洗濯ができるかというと、マグちゃんの中に入っているマグネシウムが一役買ってくれている(詳しくは後述)。

 

 

本日は、この感動的なアイテムについてメモ。

 

 

 

汚れを落とす仕組み:マグネシウムが洗剤代わりに

まず、仕組みを簡単に説明。

マグちゃんの中にはパチンコ玉大のマグネシウムが何個も入っている。

マグネシウムは水に溶けると、その水をアルカリ性にする。

そして、アルカリ性の水には洗浄効果があるため、洗濯に使えるというわけ。

 

公式ページ(三宅商店のHP)に掲載されているデータでも、市販洗剤とくらべて

  • 皮脂成分の除去率は同じ
  • 臭い成分の除去率は10倍

という結果が出ている。

 

f:id:nabeshima-han:20191020111219j:plain

 

f:id:nabeshima-han:20191020111241j:plain


 

 

より詳細な仕組み

マグネシウムが水(水道水)に溶けると、水素ガスが発生し水酸化マグネシウムが生成される

Mg + 2 H2O → Mg(OH)2 + H2

さらに、この水酸化マグネシウムが溶液中で電離してできるOH-によって、この溶液はアルカリ性を呈するようになる

Mg(OH)→ Mg2- + 2(OH-)

 

アルカリは脂肪酸などの酸性の汚れや、水に溶けにくいタイプのタンパク質なども落とす。

また、アルカリと脂肪酸の反応によって生成される”石けん”により、中性脂肪(トリグリセリド)などの他の汚れも落とすといわれている。

さらに、アルカリ溶液中で細菌は繁殖できないため、乾燥中の臭いも防止できる、というのが仕組みになる

 

   

ランドリーマグちゃんの使い方

基本の使い方

f:id:nabeshima-han:20191020110919j:plain

使い方は簡単。

洗濯物と一緒にランドリーマグちゃんを入れ、そのまま洗濯スタートのボタンを押すだけ。ドラム式の洗濯機でも使える。

 

【分量】

洗濯物5kgに対し、ランドリーマグちゃん1個が目安。10kgなら2個入れる。

洗剤を測る手間が省けるのも地味に嬉しい。

 

【使用回数】

1個のマグちゃんで300回の洗濯に使える。

毎日洗濯したとして約1年、週2回で約3年使える。経済的やね。

 

 

コンパクトなので、洗剤ボトルを置くより省スペースで済む。

あと、旅行に持参すればコインランドリーを使うときに別途洗剤を買う必要がなくなるので助かる。

色々と副次的なメリットも多くて良い感じ。

 

洗剤や柔軟剤、漂白剤と一緒に使えるか?

洗剤や柔軟剤と併用する事は可能。ただ、エコの観点からメーカー側は推奨してない。

漂白剤は、酸素系なら一緒に使ってもいいが、塩素系はNG。

 

乾燥機は使えるか?

乾燥機も使用可能だが、メッシュの痛みが速まる可能性があるとのこと。

 

お手入れ

洗濯後に洗濯物と一緒に干して乾かしておけばオーケー。その他に手入れの必要はなし。

 

臭いの取れにくいものは浸けおき洗い

通常の洗濯ではマグちゃんを入れて洗濯機を回すだけで十分な洗浄効果が得られる。

が、臭いがとれにくいものなどに対しては浸け置きするとアルカリが濃くなり洗浄力が高まるとのこと。

 

臭いや汚れは本当にとれるか?実際の効果のほど

f:id:nabeshima-han:20191020111018j:plain

実際にマグちゃんで洗濯してみての感想。

 

洗濯物の仕上がりは無臭。

繊維に染み込んだ汗の臭いなどはしっかりと除去してくれている

洗剤の芳香がしないのは最初は味気ないような気がしたが、すぐに気にならなくなった。

「洗濯物は芳香がする」のが当たり前になっていたから、違和感を感じてしまっただけのよう。

香料がないのに無臭という事は、それだけしっかり臭いを除去してくれているということでもある。

 

汚れについても特に問題なし。

ド派手な食べこぼし(醤油とか)や泥汚れではどうかわからないが、日常の洗濯で汚れ残りが気になることはない

 

あと嬉しいことに、マグちゃんで洗濯するようになって背中ニキビが劇的に改善した

これまでの洗濯では、服に残った洗剤が肌を刺激してたんだろうな。

 

 

日常の洗濯はマグちゃんが最適

日常的に行う洗濯の主な目的は「臭いを除去すること」だ。

なにか事故(食べこぼしとか泥ハネとか)が起こらない限り、衣服に目立った汚れがつく事はない。

でも、汗などによりどうしても臭いはついてしまうため、僕らは1~2回着た服を洗濯する。

 

だったら、日々の洗濯はマグちゃんがベストだ。臭いの除去力は強力だし、洗浄力も十分

それでいて、地球にも、肌にも、お財布にも優しい

 

そして、派手な汚れをつけてしまったり、衣替えでタンスにしまう前にいつもよりしっかり洗濯したい時にのみ、洗剤や漂白剤、クリーニングサービスなどを利用する。

そういう使い分けをすればいい。

 

というわけでぼくはこれからもマグちゃんでの洗濯を続けていく。これは本当に良い買い物だった。