意識高い系ズボラ

ライフハック、健康情報、オピニオンなどの真面目なネタをふざけた文でお送りします

人生からノイズを取り除く魔法の言葉

スポンサーリンク

 

今日、自分のブログについたコメントを読んでいた。

すると、ブログにイラつくコメントがついていた。

俺はそれを読んでイラっとした。

なぜなら、そのコメントがイラつくコメントだったからだ。

 

が、こういうコメントは気にしても意味がない。マジで意味ない。

 

たまに考えさせられるコメントというのもあるけど、たいていの批判コメントはただの揚げ足取りか、匿名で暴言を吐きたいだけのコメントだからだ。

 

しばらくイラついた後、「そんなことより、やらなきゃいけないことをやろう」と思い、コメント欄をそっと閉じた。

 

そのとき、ふと気付いた。

いま、何気なく頭に浮かんだ「そんなことより」って言葉は、けっこう破壊力がある言葉だなと。

 

 

マンガなんかでも、ヒロインと話している主人公が、「そんなことより」と話題を変えようとすると、ヒロインが「”そんなこと”ですってぇ〜?」と怒り出すシーンがよくある。

ヒロインにとっては重要な話だったのに、「そんなこと」呼ばわりされたことに腹を立てたわけだ。

 

つまり、ある事柄を、「そんなこと」という言葉に置き換えると、その事柄をかなり矮小化できるということだ。

 

「そんなこと気にしてるの?」

「そんなことよりさあ」

 

確かに、「そんなこと」という言葉には、「取るに足らないどうでもいいこと」というニュアンスが含まれていることがわかる。

 

生きていると、気にしても仕方ないけど、気になって仕方ないこと、というのも出てくると思う。

しかし、気にしても仕方ないことは、気にしても仕方ない。

でも、わかっていても、気になって仕方ない。

 

そういうときは、そのモヤモヤに「そんなこと」というレッテルを貼ってみてはどうだろうか?

ムカつく言葉も、ムカつく人間も、「ムカつく」という感情を抱いているということは、それは自分の中でそいつらを重要視しているということだ。

しかし、そいつらが自分にとってノイズでしかないのなら、それらに何かの感情を抱くこと自体がエネルギーと時間の無駄でしかない。

そういうノイズに対しては、「そんなことより」という言葉で、関心を断ち切ろう。

 

「なんだこいつ?そんなことより、今日の晩飯は何にしようかな?」

 

そう考えると、「この人、なんか必死こいて俺のことをイラつかせようとしてきているけど、俺にとっては晩飯より重要度の低い、「そんなこと」で片付けられる存在、取るに足らない存在で、全然相手にされてないんだけどな、かわいそう」という心理が働く。

 

そう思うだけでも、ちょっとすっきりして、ノイズのことなんてどうでもよくなってくる。

重要ではないことを、重要視していては時間とエネルギーの無駄でしかない。

そんな時は言葉の力を使って、ノイズをばっさりと斬り伏せよう。

 

ぼくらには、そんなことより大事なことがあるんだから。