ノンストレス渡辺の研究日誌

ライフハック、健康情報、オピニオンなどの真面目なネタをふざけた文でお送りします

タオルを統一したい。検討の末、ブルーム今治タオル(グレー)で揃えて大満足

スポンサーリンク

 

先日、ハンガーを同じブランドに揃えたらめちゃくちゃ気持ちよかった。

 

関連記事▶︎ハンガーを統一しただけで幸せになれた。服に優しいMAWAハンガーでセーターも掛けられる

 

なので、タオルも1種類に統一したいと思った。

きっと同じように気分が良くなるはずだ。

で、やってみたら案の定とても気持ちよかった。

 

どのタオルに統一するかは次のようにして選んだ。

  1. 候補となるタオルを徹底リサーチして3つにまで絞り込み、購入
  2. 2年以上使いこんでベストなタオルを1種類に絞りこんだ

 

 

ベスト・タオル候補を3つまで絞り込む

著名人の口コミや、Amazonのレビューなどの情報を徹底的に調査し、評判のいいタオルを3つまで絞り込んだ。

その候補が以下の3タオルだ。

 

No1. セブンの極ふわ贅沢仕上げのフェイスタオル

f:id:nabeshima-han:20180728152851j:plain

まず、1つ目の候補は、極ふわ贅沢仕上げのフェイスタオルだ。

コンビニ界の王者・セブンイレブンが販売しているタオル。

セブンのプライベートブランドの開発力・クオリティーの高さは皆が認めるところ。

セブンのスイーツのあの美味さとコスパの良さがそれを物語っている。

 

ちなみにこれを買ったきっかけは、いまやすっかり家事の女王となった勝間和代さんがFacebookの投稿で勧めていたことから。

色はベージュとブラウンにした。

 

No2. ブルーム今治タオル

f:id:nabeshima-han:20180802121551j:plain

 

タオル界の王者・今治タオル。

その中でもAmazonでめちゃくちゃレビュー数が多く、高評価、おまけに値段も手頃なのがこのブルームの今治タオルだ。

 

▼こちらが「今治タオル・ブランド認定のマーク」

f:id:nabeshima-han:20180802121924j:plain

ちなみに、このブランドロゴマークは「四国タオル工業組合」が定める「品質基準」に合格したものでなければ使用を認められていない。

  

しかしこのタオル、肌触りはいいが、けっこう薄いらしい。

期待と不安を抱えつつ購入。ブルーとグレーが2枚ずつ入った4枚セットを購入。

 

No3. ブルーム今治タオル ホテル仕様

f:id:nabeshima-han:20180728152907j:plain

No2のタオルの薄いという評価が気になったので、今治タオルの中で厚手のブルーム 今治タオル レオンホテル仕様を購入。

こちらもAmazonでの評価は非常に高い。

色はシーブルーにした。

 

 

以上の3候補を購入し、2年以上使い続けた(タオルは1年ぐらいで替えどきという話もあるので、大分長く使い込んだ)。

 

ベストなタオルはブルーム今治タオル(グレー)だった

結論からいうと、No2のブルームの今治タオルに統一することにした。これがベスト・タオルだった。

f:id:nabeshima-han:20180802121657j:plain

 

確かにレビューのとおり、このタオルは薄かった。

f:id:nabeshima-han:20180802121735j:plain

 

しかし1度洗濯し乾かすと、パイルが立ってすごく柔らかい肌触りとなった。

これは気持ちいい。思わず声が漏れる。

 

使われているのはロングパイル。これが滑らかで優しい感触を生み出している。

f:id:nabeshima-han:20180802121808j:plain

そして、その薄さからは想像できないほど、吸水性がすごかった

風呂上がりに体を拭くのもこの1枚で充分。体に当てるだけで、皮膚上の水分をぐんぐんと吸い取ってくれる。

 

他の2つのタオルも肌触りはよかったが、このタオルの優しい感触には敵わない。

 

そして、こうなってくると、このタオルが持つ「薄さ」というのが、

  • かさ張らない
  • 乾くのが速い

という点で、欠点ではなく、長所となってくる

 

実際、厚手のタオルは干すときの日当たりや風通しが悪い時はぜんぜん乾かなくて、生乾きのカビ臭をまとうことも多かった。乾燥機に入れても時間がかかる。

薄手のタオルは旅行時もかさ張らないし、コインランドリーでもすぐ乾く。

家計にも優しく、清潔だということだ。 

 

もちろん、薄いタオルでは厚手のタオルに比べると、顔をうずめた時に頼りなさを感じるかもしれない。

しかし、「良質でふわりとした肌触り」と「充分すぎる吸水性」があることで、この点は気にならなかった。

f:id:nabeshima-han:20180802122010j:plain

他の2つのタオルも悪くなかったが、ブルーム今治タオルが様々な観点からベストなタオルだった。

薄手でありながらふわふわな感触を持つというのは、タオルとしては完璧といっても差し支えないのではなりだろうか

 

色は好みもあると思うが、どんな部屋にもなじみ、長く使っても飽きのこないモノトーンのグレーを選んだ。4枚セット × 2 の計8枚を購入した。 

 

タオルの統一も、やはり気持ちよかった

タオルを統一して、最初に気持ちいいと思ったのは洗濯して干している時だった。

f:id:nabeshima-han:20180728152954j:plain

そこにあるのは、白地に薄いグレーのラインが入ったタオルだけ。違う色、違うサイズのタオルは一切ない。同じものが、同じように整列している。その光景は、ちょっとした絶景にすら見えた。

 

なんで、ただタオルを統一してるだけなのにこんなに気持ちいいのだろうか

人間というものは統一感というものを好み、快感を覚える生き物なのかもしれない。

 

だから、モデルルームなど統一感のある内装に、居心地の良さを覚えるのだろう。

 

新しいタオルは、これまで使っていた古いタオルとは全然肌触りが違った。

やはり、2年は使いすぎた。いやもしかすると3年ほど使っていたかもしれない。

 

タオルを買い替えるのも、統一するのも、本当にいいものだった。

こういうちょっとした事から、自分の生活を、人生を変えていくのって大事だ。

 

自分はバスタオルは使わない派だが、このタオルのバスタオルタイプも販売されている。

 

 

タオル買ったらタオルの豆知識もらったので貼っときます。

f:id:nabeshima-han:20180728153034j:plain

 

関連記事▶︎ハンガーを統一しただけで幸せになれた。服に優しいMAWAハンガーでセーターも掛けられる